JRC部(青少年赤十字)

部活動紹介

「JRCって何?」と思った人がほとんどだと思います。

JRCとは Junior Red Cross の略で「青少年赤十字」という意味です。
JRC部では「気づき、考え、行動する」の考えのもと、ボランティアや各種研修会の開催、10月にある青森県高等学校総合文化祭(高総文=体験発表・救急法・壁新聞のコンテスト)への参加など、積極的に活動しています。

また、国際的な奉仕団体であるロータリークラブの高校生版「インター・アクト・クラブ」の活動もあります。インターアクトの活動には、釜臥山の清掃ボランティア、インターアクト県大会参加、海外研修(台湾)などもあります。

活動は基本的に毎週月曜日ですが、大会や研修会の前は集中して活動しています。他の部活動と兼部している生徒もいます。
ほとんどの部員が高校に入ってからの参加です。
アットホームでオープンな雰囲気で楽しみながら活動に取り組むことができます。

高校総合文化祭では、平成27年・28年連続総合一位、また、平成28年は優れた成績により連盟賞を受賞しました。

田名部高校の文化部を代表する部です。

「東日本大震災被地訪問」(岩手県宮古市田老地区)

 9月2日(日)下北郡内高等学校 JRC 部の研修旅行として、岩手県宮古市田老地区を訪問しました。田老地区は津波が防波堤を越えて町を襲い、大きな被害が出た地域です。
 ここで、被災地ガイドの方からお話を聞くことができました。その中でも特に印象に残っているのは被災モニュメントとして残っている「田老観光ホテル」です。ほとんどの木造住宅が流される中、鉄筋コンクリートの田老観光ホテルだけは残りました。しかし、1,2階は跡形なく流され、3,4階も壁は残っているものの、部屋の中は無残な姿になっていました。唯一5階だけは被害を免れ、今なお営業当時の面影があります。その5階から撮影された津波の映像は、心が震える恐ろしい様子でした。
 今回の被災地訪問を通じ、自分たちができる被災地支援のあり方を考えることができました。

主な活動・成績

4月 新入生歓迎会
校内トレーニングセンターに向けての研修会
5月 下北むつ地区トレーニングセンター(下北自然の家)
・堅守会「JRC(青少年赤十字活動)について」
・世界を知るワークショップ
・防災についてのワークショップ
・下北地域JRC部の交流会
6月 釜臥山清掃登山
7月 田高祭での募金活動
・募金は日本赤十字社を通じ支援
小中学生向け研修会実施
インターアクト年次大会参加(八戸市)
・ロータリークラブ主催の研修会