定時制の特色

単位制を実施しています!

県内の定時制高校は、平成11年度からほとんどの学校で単位制となり、単位不合格の科目があっても留年がありません。卒業予定の年次までに必要な単位数を修得できれば卒業できます。しかし、卒業予定年次までに単位不合格の科目がでて、必要な単位数を修得できなかった場合、4年次終了以後も本校に在籍し、単位修得に取り組まなければなりません。

仕事と学業の両立に励むことができます!

登校時刻は 17:55 であり、出校前に働くことができます。在籍生徒の半数以上はアルバイトに従事しています。収入は学費、生活費等にあてることができるでしょう。

3年で卒業することも可能です!

本校は、基本的に4年間で卒業できるようなカリキュラム(教育課程)を組んでいますが、4年次で修得すべき単位を2,3年次に通信制の併修により修得すると、3年で卒業することができます(定通併修による三修制)。通信制はレポートによる自学自習と、スクーリングの2つで構成されていますが、通常の授業と並行して取り組むことになるので、なかなか大変であることを認識しておくべきでしょう。

※ 定通併修による三修制についての詳しい内容は →→→ ここをクリック