校章・校歌

田名部高等学校校章

ドイツの物理学者ラウエの発見したX線回析をもとに r = a cos 2θ のグラフに11個の点星を記し、図式化されている。
11個は男女両校が統合し、現在の田名部高等学校となった昭和24年当時の学年のクラス数を示している。
バランスがとれた軌跡の美しさと無限大を二つ重ねた形状は田高星生の生きるべき姿を啓示している。

昭和24年10月制定

田名部高等学校校歌

作詞 中 島 全 二

作曲 石郷岡 省 三

一.斗南の土の したわしく
  宇曽利の水の 浄らなる
  人のいそしみ かざるなき
  しらべも敦し 園の歌
  白亞の学舎 松みどり
  若き生命に 光あり

二.釜臥の山 嶺しるく
  ラウエの象徴 胸にして
  苫生原の 野に立てば
  学びの道の つくるなし
  明日文化も 香わしく
  担わん空に 雲青し

昭和26年10月制定


※再生ボタンで本校校歌が再生されます