国連スピーチコンテスト 優秀賞受賞!

更新日:2018年08月31日

優秀賞 2名受賞! ~ 国連スピーチコンテスト ~

 優秀賞 大 槻 実 冬 さん(1年)
 優秀賞 小 谷 優 奈 さん(2年)

 「第65回国際理解・国際協力のための高校生の主張コンクール」が8月26日日曜日、青森市にある青森県総合社会教育センターで実施されました。田名部高校からは5名の生徒が参加し、2名が優秀賞を受賞しました。
 優秀賞を受賞した小谷優奈さん(2年)は、世界中で問題となっている難民問題を取り上げ、難民問題の解決の難しさと、難民に関わる人権問題についてスピーチを行いました。
 同じく優秀賞を受賞した大槻実冬さん(1年)は、国連が2030年までに達成を目指す、SDGs(持続可能な開発目標)の、ジェンダー平等について、現代社会の授業を受けて関心をもった途上国の問題とその後研究を進める中で気づいた日本のジェンダー平等についてスピーチを行いました。
 両名とも審査員からの評価も非常に高く、素晴らしいスピーチでした。