教育目標

学校経営方針

1. 校  訓 : 「自律」「協和」「純正」

2. 教育目標 : 「全人的な人間教育の実現」

3. 目指す学校 : 生徒一人一人に確かな夢を抱かせ、その夢を実現させるための指導を行う。

4. 重点指導事項 :

(1) 学習指導
生徒の意欲・関心を喚起させるような授業展開に努める。
授業改善を常に行い、授業力の向上に努める。
生徒の思考力を高めるための効果的な課題を与える。
評価に関する観点や基準を明確にし、説明責任に耐えうる評価を実施する。
(2) 生徒指導
問題を抱える生徒の心に寄り添い、問題解決のための的確な支援を実行する。
(校務運営委員会での報告を受けて→学年や分掌での対応、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーの活用)
人として必要な生活習慣(スマホ使用、挨拶、服装容儀、時間厳守等)を身に付けさせる。
部活動、学校行事、ホームルーム活動等への自主的・積極的参加を促す。
ボランティア活動をはじめ、体験学習をとおして協調精神の育成を図る。
(3) 進路指導
生徒及び保護者への進路に対する意識啓発を図るとともに、段階的且つ長期的な計画に基づいた的確かつ効果的な指導を行う。
学級担任、部活動の指導者、教科担当者との情報交換によって生徒の強み弱み を把握した指導を行う。
模試結果・考査結果のデータを教師間で共有し、分析結果に基づいた必要な指導を行う。
進路検討会の在り方(会議内容、実施時期・回数)を研究し、より実効性のあるものにする。